こんにゃくと根菜の鶏つくね汁 【レシピNO:9997】


昔はこんにゃくを使った料理を、便秘解消用の保存食として、よく常備していたものです。便秘が思うようにいかないとどうしても体調を崩しがち。そこで、昔ながらのこんにゃく料理を見直してみましょう。

◆材料 (4人分)

   材 料      数 量   
玉こんにゃく白100g
鶏ひき肉100g
大根200g
人参50g
ごぼう50g
長ねぎ1本
さやえんどう8個
ショウガ1片
ごま30g
だし汁6カップ・薄口醤油・適宜 酒・適量 塩・適量 みそ大1

◆作り方

(1)
玉こんにゃくは下ゆでし、水切りしたあとは半分に切ります。
(2)
ショウガ、ねぎの青い部分3cmをみじん切りにします。
(3)
鶏ひき肉に、2とみそ、ごまを加え混ぜておきます。
(4)
大根、人参とごぼうは皮をむき、一口大の乱切り、長ねぎは大きめの斜め切りにし、さやえんどうはスジを取り、斜め半分に切っておきます。
(5)
鍋にだし汁、薄口醤油、塩を入れ混ぜ合わせ、大根と人参、ごぼう、こんにゃくを入れ、野菜に火が通るまで、煮ます。
(6)
さらに長ねぎを加えて煮立ったら、2をスプ-ンで一口大に丸めながら加えます。最後にさやえんどうを入れます。つくねに火が通ったら、出来上がりです。